ランドセル置き場・学用品の収納

DSC_1832

学用品の収納のことを書くのは
久しぶりですね。
(blog更新自体久しぶりだけど^^;)

現在、小4と小2のコドモたち。
今もまだ “宿題はリビング・ダイニング派” です。

まぁ、まだ親の丸付けやチェックが必要な年齢なので
近くでやってくれるのはこっちも楽なんだけどね〜。

マイナーチェンジを繰り返して、
“2人小学生”も2年目を迎え、
今はこんな状態に落ち着いています。

今はおりませんが、
両側にそれぞれのランドセルを置くことになります。

言わずもがな、壁のバインダーはそれぞれの時間割。

DSC_1827

IKEAのボックスの中に
立てるだけにしている教科書類。

一緒に、細々した学用品も。

DSC_1828

終わったプリント(資源ごみ)と、
ハンカチ・ティッシュ、マスクなど。

DSC_1829

いつも床に脱ぎっぱなしになっていた
アウターは…
いろいろ悩んだ結果、
段ボールにぶっこみ収納。

費用0円です(^^)

DSC_1826

学用品収納場所を作るのに
こだわっているのは2点。

1、子どもがランドセルを「下ろせる」高さであること。
※疲れて帰ってくる子どもたち…「持ち上げる」のは億劫!

2、ランドセルを開けっ放しにして中身を出し入れできること。
※時間割もしやすいし、意外と長くて邪魔なランドセルの蓋の行き場は結構重要!
フックに掛けたりだと、蓋がすぐ閉まっちゃうから苛々するんだなー。(親も)

小学校生活も4年目に入って、
今はこの2つが絶対条件だと思えます。

リビングのど真ん中に色々置いてありますが、
あと数年のこと。
今はこれでいいとします♪

***


子どもたちを寝かしつけて、
miiも早めに寝ようと思っていた時
スマホの警報に心臓がはねあがりました。

揺れがどんどん強くなる一方、
起きる気配もないムスコたち。

10秒ほどでおさまりましたが、
その後も数分おきに揺れる状態。

熊本市に住む親戚の無事を確認したあとは
寝ようとしたのですが、
しょっちゅう来る余震で起こされ…。

落ち着かない夜を過ごしました。

一夜明けて明確になってきた
熊本の甚大な被害に胸が痛みます。

どうかこれ以上被害が大きくなりませんように…

****

更新がない間もClickしてくれた皆さん
ありがとうございます!

コメント 停止中